節電対策の基本 ~その2

アンドロイド設定
setting

 Battery+とは、画面オフの時だけ通信(モバイル通信やwi-fi)を遮断し、バッテリーを節約してくれる一押しアプリです。

3G回線は、常に最良の電波状態を維持するために、電波をモニターしているため、言わば常に稼動状態にあります。そこで自宅などで、wi-fiを常に維持していれば、若干の節電対策になることでしょう。


スリープ時に、wi-fi回線の接続維持の設定です。

:スマホの節電対策

menu→設定→「ワイヤレス設定」をタップ wifi-on1
「wi-fi設定」をタップ wifi-on2
ここで、menuボタンを押すと、下部にオプション設定が現れます。


「詳細設定」をタップ

wifi-on3
「画面消灯時のwi-fi設定」をタップ

wifi-on4
「画面消灯時にwi-fiを切断しない」を選択し完了です。 wifi-on5


ページ上部へ

TOPページへ

ご訪問ありがとうございます。感謝します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>