着信画面をお気に入りの写真に変更!! その2

Full Screen Caller ID
FullScreenCallerID_logo-thumbnail2

着信画面の着せ替え!

発信、着信画面を個人別に変更できるアプリFull Screen Caller ID です。

端末により、動作しない場合はこちらのUltimate Call Screen HD Freeを試してみてください。

手順1





起動後”Contact”をタップ
FullScreenCallerID1
手順2





電話帳データが読み込まれ、画像設定画面が表示されます。

・”Unknown contact”は電話帳登録外着信の表示画像

・”Contact without picture”は電話帳登録はあるが、画像設定していない場合の表示画像
一括設定で、全部同じ画像でいい場合はこの項目だけでOK

FullScreenCallerID2
手順3





変更したい登録者のタブをタップすると設定画面になります。


“Edit caller picture”をタップ

FullScreenCallerID3
手順4





“Pic from phone”をタップ


お使いの画像ビューアーが開くので、着信時表示させたい画像を選択

FullScreenCallerID4
手順5





画像が表示されるので、スライダーを操作し、端末画面に画像を合わせます。

左下の円形の矢印は、画像を回転させるために使用します。

決定したら、右下のフロッピーアイコンをタップ

FullScreenCallerID5
手順6





横画面使用時の画像表示モードを選択します。

横画面にあわせて画像表示させるためには”Always difine landscap picture”を選択

通常画面と同様に表示させるなら”Never difine landscap picture”を選択
この場合、手順5の設定を再度行います。

FullScreenCallerID6
手順7





繰り返し設定します。
FullScreenCallerID7
手順8





起動画面に戻り”Custmize”をタップ
FullScreenCallerID8
手順9





“Default theme”をタップ
FullScreenCallerID9
手順10





“Theme settings”をタップ
FullScreenCallerID010
手順11





“Display mode”をタップ
FullScreenCallerID011
手順12





この設定では着信時の以下の設定が出来ます。

・bottom bottons  手順14に表示されている画面、通常の応答(標準)
・Slide screen to answer  画面上どこでもスライドまたは、ダブルタップで応答
・Off-screen buttons 画面を上にスライドすると応答、拒否のボタンが出てくる。

色々試してみてください。

FullScreenCallerID011-1
手順13





そのほか、ボタンのテキストサイズやアニメーションを設定できます。


“Preview”をタップすると反映された画面を確認できますし、訳が分からなくなった場合には”Reset designg setteings”をタップすれば、初期設定に戻りますので、色々試してみましょう。

FullScreenCallerID012
手順14





着信画面
FullScreenCallerID013
手順15





右上の三の字のアイコンをロングタップすると、呼び出し音をミュートしたり、このアプリ自体を終了し、一時的に標準の着信画面に戻したり出来ます。

FullScreenCallerID015
手順16





通話中の画面


左上のスピーカーアイコンをタップするとスピーカーから相手の声が聞こえるようになります。


有料版は、画面上部のbuy nowのバナーは表示されません。

FullScreenCallerID014
FullScreenCallerID_qr-thumbnail2
ダウンロードサイトへ
GooglePlay

ページ上部へ

TOPページへ

ご訪問ありがとうございます。感謝します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>