詳細な通話履歴をカレンダー上に!

 CallTrack(コールトラック)
CallTrack_logo

通話履歴を、いつ誰と、どれくらい通話したかが、カレンダー上に表示できる素晴らしいアプリを紹介します。

 電話アプリ上の通話履歴はだいたい一ヶ月程度の履歴しか残らないため、CallTrack(コールトラック)を利用して、通話データを保存しておくと良いでしょう。


 Googleカレンダーを開くと、通話履歴が表示されます。
 
CallTrack001
 個別の例歴をタップすると、通話の詳細

「日時」「通話の時間帯」「通話相手」「着信また発信か」「相手の番号」「通話時間」

 などが表示されます。

 Missed Calls:不在着信
 Calls Too:発信履歴
 Calls From:着信履歴
 
CallTrack002
 図のように『』アイコンをタップ CallTrack003
 『検索』をタップ

 
CallTrack004
 検索フィールドに、探したい通話相手の「名前」を入れると、履歴一覧が表示されるので、とても便利です。

 仕事上でも、いつ誰と、どれくらい通話したかが明確に分かるので、会話の内容なんかも思い出せて重宝しています。    
CallTrack005
 アプリを開くと図のような画面が表示されます。

 Enable CallTrack :本アプリの機能オン、オフ
 Log Incoming Calls:着信履歴
 Log Outgoing Calls:発信履歴
 Log Missed Calls:不在着信履歴

 カレンダー上に履歴が同期されない場合は、図の右上『』アイコンをタップし、  
CallTrack006
   『Sync Entire Call Log』タップすると同期され、カレンダーに履歴が反映されます。   CallTrack007
CallTrack_qr
ダウンロードサイトへ
GooglePlay

ページ上部へ

TOPページへ

ご訪問ありがとうございます。感謝します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>