プリインストールアプリを「無効化」してサクサク動作!!

 

 アンドロイド設定
setting

 使っていないプリインストールアプリなどが、自動更新され、さらにメモリに常駐し、バッテリーの無駄な消費につながっているアプリを停止させ、快適な環境を整えてみましょう。


 プリインストールアプリとは、スマホの出荷時からあらかじめインストールされているアプリケーションで、中にはアンインストールできないアプリも含まれています。


 アンドロイド※には、標準の機能でこれらのアプリを「無効化」に設定できるようになっています。


 ※Android 4以降

 設定から『アプリ』をタップ


 

Disable_preinstall-apps001
 『すべて』のタブをタップし、無効化(停止)させたいアプリをタップします。
 
 
Disable_preinstall-apps002
 アプリの個別情報が表示されるので『無効にする』をタップします。 Disable_preinstall-apps003
 「データを削除し、アプリを無効化しますか?」と表示されるので『OK』をタップ


 注:ここの、「データを削除し・・」の意味は、アプリ内に記録した内容や、個人的に設定したデータなどを指し、アプリ自体を削除するわけではありません。

Disable_preinstall-apps004
 「アプリを出荷時の状態に戻しますか?」と表示されるので『OK』をタップします。


 この時点でアプリは無効化されました。

Disable_preinstall-apps005
 バックボタンで画面を一つ戻り、


 『無効』タブをタップすると、「無効化」されているアプリ一覧が表示されます。

Disable_preinstall-apps006
 また、プリインストールされているアプリを無効化することにより、スマホがエラーを出す場合もあります。


 この場合は『有効』に設定し復活させましょう。
 

Disable_preinstall-apps007
 
たくさんのアプリを無効化していて、どのアプリを無効化したことによるエラーか分からなくなった場合は、図のように『』アイコンをタップします。
 
Disable_preinstall-apps008
 サブメニューから『アプリの設定をリセット』をタップ


 

Disable_preinstall-apps009
「設定をリセットしますか?」と表示され、


・無効化されているアプリ

・無効化されているアプリの通知

・特定の操作で使用するデフォルトのアプリ

・アプリのバックグランドデータの制限

・権限の全ての制限


 と、表示され、これら全てがリセットされ出荷時の設定に戻すことが可能です。


 調子に乗って、無効化しすぎてスマホがおかしくなった場合は、この設定を試してみるとよいでしょう・・


 『アプリをリセット』をタップ

Disable_preinstall-apps010


ページ上部へ


TOPページへ

ご訪問ありがとうございます。感謝します。