パケ死にも影響?? データ転送量を見直し節約しよう!

 アンドロイド設定
setting

パケット定額制プランなどで、速度制限がかかってしまった人や、いつもリミットギリギリで焦っている人にお勧めの設定です。

 YouTubeなど、動画を頻繁に見るユーザーで、常にデータ通信量(パケット)を気にしている人は少しでも、データ通信量を抑えたいと思っていることでしょう。

 以下、目を通しても損は無いと思いますので、自分のスマホをチェックしてみましょう!

 設定から『データ使用量』をタップ Background_data_off_app001
 タブが『モバイル』になっていることを確認


 下段に表示されているリストが、フォアグランド(操作によって)のデータ通信で、一番データ通信をしたアプリの順で表示されています。


 
 

Background_data_off_app002
 適当なアプリを例にして詳細を見てみましょう。


 図のアプリでは、フォアグランドでは通信料0.00Bで、バックグラウンドでは24.79MBもデータ通信をしていることが分かります。


 このようなアプリが複数存在すると、普段の通信量を加え場合によっては、定額パケットの枠を超えてしまいかねません。


 そこで、アプリ別にバックグラウンド制限をしたいと思います。


 図の赤枠部分『バックグラウンドデータを制限』をタップ
 

Background_data_off_app003
 「バックグランドデータを制限しますか?」と確認されるので『OK』をタップ
 
Background_data_off_app004
 これで、設定が完了しました。


 ヘビーユーザーは、要確認です!
 
 

Background_data_off_app005


ページ上部へ


TOPページへ

ご訪問ありがとうございます。感謝します。