ブログやフェイスブックにアップした画像から住所が特定?? 

ジオタグ管理
株式会社バルテック
価格:無料  平均評価:3.4(11)



 綺麗な花壇や庭の写真などを個人情報を保持した写真をブログなどで公開してはしませんか?


 その写真に、GPSの位置情報が記録されていたとしたら?
 匿名のはずのブログに個人情報が垂れ流しの状態になっているかもしれません!

 スマートフォンのカメラ機能のジオタグ機能(ジオコーディング)がオンになっていると、現在の居場所をGPS(衛星)で測位して、撮影した写真に、その位置情報(座標)を記録します。


 GPSの位置情報はハンディ端末で、おおよそ半径5mの範囲で誤差が出るのが一般的ですが、この距離なら、ほぼ自宅を特定できる範囲になります。用途に応じては便利ですが、ある意味怖いですね・・・


 この他にも、デジカメにGPS機能が搭載されている機種も例外ではありません。
 

geocoding001
 
 アプリを使って、位置情報を保持している画像を確認することも可能です。


 『ジオタグ管理』を起動し、「三」マークをタップし、「SDカード内すべてを表示」をタップ

geocoding002-thumbnail2
 スマホの画像が(写真)すべて表示されます。


 位置情報が記録されている写真には、写真の名前の先頭に、青丸の中にiマークが表示されます。


 既に撮影済みの画像の確認に便利です。

geocoding003
 この位置情報を保持した画像をタップすると、記録されている座標を、地図上に表示してくれます。


 要するに、撮影した場所が表示されてしまいます。ピンポイントで・・・
 

geocoding004
 そもそも、『ジオタグ』と呼ばれるものには、どのような内容が記録されているのかは、こちらのリンクのフリーソフトで、パソコンから確認できます。


 撮影機種や、撮影時のフラッシュの有無など、詳細が記録されているのが分かります。

geocoding005
 また『画像×googleマップ』というソフトを使うとパソコンからでも、詳細な位置情報が確認出来ます。
 
geocoding006
 ご利用のスマートフォンの設定を確認するには、カメラを起動して設定を見てみましょう。


 一般的には、『ジオタグ』や『位置情報』のような設定項目が存在するので、これをオフにしましょう。


 図は、REGZA-T-01Cの設定画面
 

geocoding007
 これは、Xperia-AX SO-01Eでの設定画面
 
geocoding008
geocoding_qr
ダウンロードサイトへ
GooglePlay

ページ上部へ


TOPページへ

ご訪問ありがとうございます。感謝します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>