有料アプリの返金! タイムリミットは15分!

PLAYストア
setting

 アプリをインストールして、自分のスマホに対応しているか、また相性など互換性を試してみたいけど、有料版しか用紙されていない!!

 なんていうことは良くあることです。

 アプリは購入後、15分以内に払い戻し処理を行えば、返金してもらえる制度があります。

 今回は、払い戻しの方法を紹介

・有料アプリの払い戻し操作
・アプリ購入のキャンセル

 まずアプリを実際に購入してみます。


 価格の部分をタップし、決済画面に進みます。
 

play_app_Refund001
 決済方法を選択し「同意して購入」をタップ
 
play_app_Refund002
 処理が始まります。


 課金処理が問題なく完了すると、この時点でアプリは自動的にインストールされます。


 

play_app_Refund003
 すると画面は変わり、金額が表示されていた部分に「払い戻し」と表示されます。

 ここからが勝負です!

 タイムリミットは15分!

 アプリを起動し、動作確認を行いましょう。

 万一、相性が悪く機能しない場合などは、このPLAYストアのアプリ購入画面に戻ります。

 「払い戻し」をタップ

 購入したアプリの画面にいち早くアクセス出来る便利アプリはこちらを!  

play_app_Refund004
 払い戻しと同時に、アプリがアンインストールされる案内が表示されるので「はい」をタップ play_app_Refund005
 払い戻しの処理がはじまります。
 
 
play_app_Refund006
 
 無事に処理が終わると、「払い戻し」と表示されていた部分に金額が表示され、手続き完了です。

 この手順を覚えておけば、アプリが端末に対応しているか躊躇無く試すことが出来ます。

 スマホからは、Google ウォレットスマホ向けサイト-PC向けサイト

 上記サイトで、購入履歴、払い戻し状況を確認できますが、タイムリーに表示されないこともあるので、なんとなく気になったときに確認してみてください。

   注意:

  ・ここまでの手順を踏まず、ドロワー(アプリ一覧)画面からアンインストールしても
 『払い戻し』はされないので、注意しましょう。

  ・また、アプリ内課金においては、この手順での『払い戻し』は出来ません。

  ・決済種別によっては、返金に時間がかかる場合もあるようです。

play_app_Refund007
ページ上部へ


TOPページへ

ご訪問ありがとうございます。感謝します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>