LINEのメッセージは既読を通知せずに読めます! 様々な通知を記録!

Notification History
Evan He.
価格:無料  平均評価:4.2(178)



Notification Historyとは、スマホ上で表示されるお知らせや注意、警告などの履歴を記録してくれるアプリです。

 スマートフォンを使っていると様々なお知らせがステータスバーやトーストで表示されます。

 ステータスバーに通知される内容などはバーを下げることで確認できますが、トースト表示で一瞬で消えてしまう通知などは見落としたり気づかなかったりしてしまいます。

 そこでどんな通知がされたのか、確認する方法を紹介します。

 アプリを起動するとイベントやアプリごとに記録されている通知が表示されます。


 初めのうちは記録は少ないですが、徐々に蓄積していきます。

NotificationHistory001
 私が必要としていた『Androidシステム』の通知です。


 項目をタップすると通知された時刻、内容が確認出来ます。

NotificationHistory002
 
 LINEの通知に関しては、相手に「既読」を通知せずメッセージの確認ができるのは意外と便利かもしれません。
NotificationHistory003
 
 タップするとメッセージが読めます。


 ここでメッセージを開いてもLINEアプリ上では開封扱いにはなりません


 これ、必要な人多いのではないでしょうか??

NotificationHistory004
 通知という通知は全て記録されるので、ログが溜まっていきます。


 アプリによってはセンサ類の動向も通知するので、これらを除外することも可能です。


 無視したい項目を長押しするとメニューが表示されます。

NotificationHistory006
 上から二番目の『Ignore list』を選択して除外

・Notification details 通知一覧

・Ignore list 除外リストに追加

・View ignore list 除外リストを表示

・Sort all notification by time 時系列で通知を表示

NotificationHistory007
 間違えて除外してしまった場合は、上から二番目の『Remove from ignore list』を選択して解除です。

・Notification details 通知一覧

・Remove from ignore list 除外リストから削除

・View ignore list 除外リストを表示

・Sort all notification by time 時系列で通知を表示

NotificationHistory005
TrafficAssistant_qr-d7290
ダウンロードサイトへ
GooglePlay

ページ上部へ

TOPページへ

ご訪問ありがとうございます。感謝します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>