YouTubeダウンローダー スマホでユーチューブ動画をダウンロード

TubeMate
tubemate_logo

改めてユーチューブダウンローダーTubeMateの紹介です。

ガラケーからスマートフォンに機種を変えた人の多くは動画が目的という人も多いくらい人気のYouTubeですが、動画をダウンロードしオフラインでも動画を楽しみたい!ということで人気で定番のチューブメイトの紹介です。

このアプリはアンドロイドでYouTubeの動画をダウンロードするアプリです。

プレイストアでは公開されていないので、公式アプリですが、野良アプリ扱いになります。

そのためインストールにはこちらの準備が必要です。

こちらのYouPlayerも併せてどうぞ

ダウンロードは不要!という人はこちらのYouTubeバックグラウンド再生を見てください。

インストールはこちらから本家配布先これ以外のサイトからのダウンロードは、ウィルスなどの危険があるので控えてください。

インストール前にこちらの設定を済ませておいてね! ここでは、一番上のダウンロード先で説明

追記:Playストアでも2014年12月からダウンロードが再開されていますのでリンクしておきますが、配布が停止する可能性があるので、上記本家のリンクは残しておきます。

PALYストア Tubemate
tubemate013
「ダウンロード」をタップ

tubemate014
一般的には端末のダウンロードフォルダに保存されます。


youtube-tubemate_1.05.apkをタップ

tubemate010-3
「インストール」をタップ tubemate001
インストールが始まります。

tubemate002
インストール完了


「開く」をタップ

tubemate003
動画の再生には下部の緑色のを押して下さいと、注意書きが表示します。

tubemate004
見たい動画を検索します。


ここでは「KARA」を検索


検索窓の下に結果が表示されます。

tubemate005
下部の緑をタップし、動画をダウンロードしてみます。

tubemate006
「ダウンロード」をタップ

tubemate007
一般的なスマートフォンでは「854×480FLV Playerが必要」をタップ

tubemate008
ダウンロードが始まると、ステータスバーに緑色のが表示され

tubemate015
ステータスバーを下げると、ダウンロードの進捗状況が表示されます。


更に項目をタップすると

tubemate018
詳細が表示されます。

tubemate019
ダウンロードが完了するとステータスバーにグレーのが表示され完了を通知してくれます。

tubemate016
Menuボタンでサブメニューが出るので、ここから「ダウンロードされた動画」を開くことも可能です。

tubemate009
上のサブメニューの「設定」は特に触らずデフォルトで問題なしです。


その他の項目の「音で知らせる」はダウンロードが完了すると音でお知らせがあるので便利かも!

tubemate017
ダウンロードされた動画一覧


タップすると

tubemate010
メニューが表示されるので、「動画として再生」をタップ

tubemate010-4
FLVを再生できるプレイヤーがある場合は「再生」をタップ


再生できない場合は、「プレイヤーをインストール」をタップ

tubemate010-1
PLAYストアのFLVプレイヤーが表示されるので、お好みでプレイヤーをゲットします。

tubemate010-2
楽しみましょう!

こちらの「mp3ダウンローダー」もお勧めです!

tubemate012
tubemate_qr
ダウンロードサイトへ

ページ上部へ

TOPページへ

ご訪問ありがとうございます。感謝します。

「YouTubeダウンローダー スマホでユーチューブ動画をダウンロード」への1件のフィードバック

  1. こんばんは(*^^*)
    TUBEメイトの事を検索していたら、たどり着きました♪
    TUBEメイト自体のダウンロードは無料だとわかったのですが…。
    TUBEメイトで、音楽をダウンロードするのも無料なんですよね??
    あっ、それと、『*』みたいなマークがたまに現れるのですが、このマークってなんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>